GREEN SPOON(グリーンスプーン)と食宅便の比較!5項目を調査!

この記事では、健康に配慮された食事宅配サービス「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」と「食宅便」を5つの項目で比較してみました。

比較項目は、サービス選びの基本となる

  1. サービスの特徴について
  2. 商品の料金について
  3. 注文の仕方について
  4. 配達内容について
  5. 停止や解約について

を徹底解説していきます。それぞれに良いところ、気になるところがありますので、率直にお伝えできればと思います。

よかったら参考にしてみてください。


※:特段記載がない限り、価格はすべて税込表示です
※:2023年12月20日時点の情報です


「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」と「食宅便」を5つの項目で比較しました!

1.サービスの特徴で比較 食事宅配サービスの特徴で比較してみました。
2.料金に関する比較 商品や手数料など料金について比較してみました。
3.注文に関する比較 購入手段や方法など注文について比較してみました。
4.配達に関する比較 エリアや配送料など配達に関する内容で比較してみました。
5.停止や解約で比較 配送停止や解約に関する内容について比較してみました。

上記の5つの項目で、グリーンスプーンと食宅便を比較してみました。

興味のある内容からチェックできるよう比較項目はクリックして該当の見出しまで移動できるようになっています。

1.「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」と「食宅便」をサービスの特徴で比較!

スマホではスクロールOK>>>

GREEN SPOON 食宅便
サービスの特色 たっぷり野菜がゴロゴロ
野菜の美味しさが味わえる
一人暮らしの女性に人気
病院食で培ったノウハウ
定期便なら配送料半額
ケアコースも人気
商品タイプ パウチの容器 使い捨て容器
商品温度 冷凍タイプ 冷凍タイプ
取扱商品 メインディッシュ、スープ
サラダ、スムージー
食宅便(おまかせ、おこのみ)
たんぱくケア、カロリーケア
塩分ケア、やわらかい食事

まずは、グリーンスプーンと食宅便の特徴で比較してみましたが、両サービスはコンセプトが違います。

グリーンスプーンはその名の通り、お野菜を中心に野菜たっぷりレシピを開発し提供。ゴロゴロ素材の美味しさが味わえます。

一方食宅便では、栄養バランスを考えて開発し提供。ケアシリーズでは、栄養制限に配慮したお食事も提供しています。

よって、お野菜を意識した食習慣を取り入れるならグリーンスプーンを。多彩なおかずを意識した食事を取り入れるなら食宅便を選ぶといいでしょう!

ふーちゃん
グリーンスプーンでも管理栄養士のもとバランスは考えられていますが、あくまで美味しく健康的な食生活のサポートが目的。食宅便のケアシリーズのような制限はしていません。

2.「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」と「食宅便」を商品の料金で比較!

食宅便は最もスタンダードで人気の「おまかせコース」を比較対象としています。

スマホではスクロールOK>>>

GREEN SPOON 食宅便
食数 8食/12食/20食 7食
商品の料金 6,480円/8,940円/14,460円 4,173円
1食あたり 810円/745円/723円 597円

続いては、グリーンスプーンと食宅便の商品価格で比較してみました。

食数は異なりますがパッと見、食宅便のほうが安そう。というか1食あたりで比べれば、その安さは一目瞭然ですよね^^

費用優先で考えるなら、「食宅便」はオススメ。なぜなら1食あたり200円程度安いからです。

お野菜ではなく健康的な食事というくくりで選ぶなら、料金が安く済む食宅便をチョイスするといいでしょう!

ふーちゃん
ただしケアシリーズになると少し料金が高くなりますが、それでもリーズナブルです。

3.「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」と「食宅便」を注文の仕方で比較!

スマホではスクロールOK>>>

GREEN SPOON 食宅便
注文方法 WEBサイトより WEB/電話/ハガキ
購入方法 定期プラン/単品プラン 定期購入/都度購入
初回発送 注文後、最短4日でお届け 注文後、最短4日でお届け
支払い方法 クレジットカード、NP後払い
Amazon Pay、楽天ペイ
クレジットカード、口座振替
Amazon Pay、代金引換※

※:口座振替は電話注文のみ、代金引換は手数料別途あり


続いては、グリーンスプーンと食宅便の注文システムについての比較。若年層向けのグリーンスプーンと高齢者も意識した食宅便といった違いがあります。

前者はネットによる注文方法しか提供していないのに対し、後者は電話やハガキといった昔ながらの注文方法も残されています。

つまり食宅便では、ネットが苦手な世代でも注文できるような仕組みを持っているのです。

ふーちゃん
このことから、グリーンスプーンは20~30代の単身者向けのサービスといえるかもしれません。

4.「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」と「食宅便」を配達内容で比較!

スマホではスクロールOK>>>

GREEN SPOON 食宅便
配達エリア 一部離島を除く全国にお届け 一部離島を除く全国にお届け
配達方法 ヤマト運輸のクール宅急便 ヤマト運輸のクール宅急便
配送料 定期購入:全国一律990円※1
単品購入:1,045円~2,420円※2
らくらく定期便:390円
都度便:780円
日時指定 注文時に指定が可能 注文時に指定が可能
置き配対応 手渡しのみ 手渡しのみ

※1:北海道と沖縄は除きます。
※2:送料は購入個数と配達エリアにより異なります。


グリーンスプーンと食宅便の配送システムの違いは、ズバリ配送料にあります。

グリーンスプーンでは一律990円なのに対し、食宅便ではその半分以下の390円で配達してくれます。

毎週購入しても継続しやすいシステムで、とくに続けないと意味がないケアシリーズを想定されているならお得だと思います。

よって、健康診断の数値に不安のある方や、たんぱく質や塩分といった栄養を管理されたい方なら食宅便を選ぶといいでしょう。

5.「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」と「食宅便」を変更や解約で比較!

スマホではスクロールOK>>>

GREEN SPOON 食宅便
変更・スキップ方法 2回目以降、マイページから可能 マイページより可能
変更・スキップ期限 次回注文の変更締切日まで 次回お届け予定日の5日前まで
解約方法 初回お届け日の翌日以降、
マイページから可能
電話にて受付※
解約期限 次回お届けの変更締切日まで 次回お届け予定日の5日前まで

※:受付時間は8:30~20:30


変更や解約について比較してみましたが、解約方法は意見がわかれる部分だと思われます。

なぜなら、WEBを好むか電話を好むかは個人差があるからです。

よって、電話による解約にめんどくささを感じるならグリーンスプーンを選ぶといいでしょうし、逆に自分で解約処理するよりも電話のほうが安心できる感じる人は食宅便を選ぶといいでしょう。

ふーちゃん
解約ハードルの低さを選ぶか、誤解約を防いだり相談できる利便性を選ぶかで決めてもいいかもしれません。

「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」がオススメなのはこんな人!

  • 野菜不足が気になっている人
  • ゴロゴロ素材で食べごたえが欲しい人
  • お野菜中心の食生活を取り入れたい方
  • おかず以外にもスープやスムージーも楽しみたい
  • 保存料や合成着色料など添加物は避けたい

グリーンスプーンは、お野菜たっぷりごろごろ素材がそのまま届く食事宅配サービスです。

健康的なお食事なので量はそれほど多くありませんが、素材がまるまるしているので食べごたえがあり物足りなさは感じないでしょう。

よく噛むことで満足感も感じやすい上に、素材の風味やうま味がじっくり味わえる商品になっています。

おかず以外にもスープやスムージといったメニューも充実。興味があれば、以下のリンク先より詳細をチェックしてみてくださいね。^^

「食宅便」をおすすめしたいのはこんな人!

  • 栄養のバランスが気になっている方
  • 健康診断の結果が気になっている方
  • 体型が気になり始めたので食生活を見直したい
  • 生活が不規則なのでせめて食事だけでも健康的にしたい
  • カロリーや塩分等を気にして買いものすることに限界を感じている

病院食で培ったノウハウが詰まった食事宅配サービスの食宅便。

栄養バランスが考えられたお食事はもちろんのこと、カロリーや塩分の管理されたお食事も提供しています。

健康が気になり食生活の改善を求める方から、栄養摂取の制限のある方まで幅広く対応しているところが食宅便の特徴の1つです。

送料が半額になるので定期便のほうがおトク。自分で栄養管理することに限界を感じているなら、以下のリンク先で詳細をチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気の食事宅配サービス「グリーンスプーン」と「食宅便」の違いを5つご紹介してきました。

グリーンスプーンと食宅便を比較検討する方がいますが、実は「グリーンスプーン」と「まごころケア食」で比較する人がけっこう多かったりします。

興味があれば、「グリーンスプーンとまごころケア食の比較」記事も合わせてチェックしてみてだくさいね。